アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ボールペン

postheadericon便利な情報

勤怠管理、人事給与、スケジュール管理の3つは、企業が健全な経営を行う上で欠かせない3つの管理業務です。
勤怠管理とは、そして木で働くひとには欠かすことのできない重要な管理です。
出勤・退勤・欠勤・有給休暇を従業員が能動的に申請し、管理部門が客観的な管理を執り行うことで、定められた時間・日数で業務に従事できているかを正しく管理します。現在はタイムカードの他、WEBシステム等で管理する組織が増え、ますます便利になっています。

そして人事給与は、勤怠管理をもとに労働の対価である給与を算出し、また、人材の有効な活用方法としての異動・配置転換をも担う重要なセクションです。
現在は人事給与業務をアウトそーシングする企業が増え、社内で人事給与を管理する場合でもクラウドシステム等を活用するなどして、ルーチン業務をいかに簡略化するかが企業の課題になっているようです。
さらにスケジュール管理は、日々のタスクを整理する意味でも、地味ながら大変重要なことといえます。
自身で管理するばかりではなく、周囲にスケジュール管理の状況を共有することで、社外対応にも迅速かつ正しく向かい合うことができ、さらには定められた以上の超過勤務になっていないか等、勤怠管理にも一役買うことができるのです。
企業のコンプライアンス意識を高めるためにも、勤怠管理・人事給与・スケジュール管理の3つの管理を円滑に運用し、健全な経営を持続できるようにしたいものです。

会社人事のコマ

postheadericon勤怠管理の重要性

まず勤怠管理とは、企業が従業員の労働時間を調べることで労働状態を管理することを指します。
勤怠管理という言葉をはじめて聞いた人、よく知らない人は語感から、怠ける人を働かせる仕組みと感じることが多いようですが、上に書いたとおり、実際は労働状態を管理し、企業のスケジュール管理をスムーズにする仕組みであるため、マイナスな要素はほぼないとみなしていいです。
逆に、これを重要視する企業は、社員のモチベーションも視野にいれてスケジュール管理をするところが多いので、いま流行りのサービス残業、長時間の残業は少ないとみてもよいでしょう。
実際、無駄な残業はコストの増大に関係するので、上が賢い企業は重要視しているはずです。

スケジュール蝶

postheadericon効率化出来る

勤怠管理に関連するワードといえば、人事給与システムなどでしょうか。
よく人事給与ソフトが企業用に売られているようですが、つまり人事給与システムとは社員の能力をデータ化し、人事を素早く、効率的に行うためのものです。
人事給与システムで社員の能力をパラメータ化することにより、どの仕事を誰にやらせるかを効率よく決められます。
スケジュール管理の簡易化もできます。
人事給与システムによる徹底したスケジュール管理、つまり勤怠管理は、労働時間の短縮による社員のモチベーションアップにつながり、ひいては仕事の効率アップにつながり、プラス、コストも削減でき、その企業の業績アップにつながる。
そして社員もボーナスがたっぷり入りさらにモチベーションアップ、と、流れをいい方向に循環させることでしょう。